2010年10月27日

英会話教室だけに頼らない

◇使い方次第の英会話教室◇

英会話を身につけようと考えている人の多くが、英会話教室に通うことを検討していると思いますが、英会話教室にさえ行けば英会話が身につくという考えは捨てた方が良いでしょう。

決して英会話教室を否定している訳ではありません。また、全く役に立たないということもありません。英会話教室は利用のしかた次第で生かせるかどうかが決まってしまうということです。

たとえば英語を聞き取る能力を身につけるには、大量の英語を聞かなければなりません。同様に話すことができる様になるには、豊富な語彙力や大量の基本フレーズを覚える努力が必要です。

しかし、英会話教室での週に2〜3時間程度のレッスンでは、とても必要なリスニング量やスピーキング量には足りません。

また、語彙を増やすということも、英会話教室に通っているだけでは、ほとんど無理でしょう。

つまり、英会話力を身につけようと思ったら、英会話教室などではとても足りない、大量のリスニングやスピーキングのトレーニングを、独自で行う必要があるのです。


◇それでも利用価値がある英会話教室◇

それでは英会話教室に通うことには価値がないかというと、それも間違っています。

英会話教室に通うことは、独学では得られない、ネイティブスピーカーに接することや、慣れる機会を得られます。

英会話を身につけるためには、独学の占める割合が最も高い必要がありますが、ネイティブと直接会話を行うという練習はできません。

このことを補うという目的であれば、英会話教室を生かすことができます。

また、ネイティブを相手に、アドリブを話さなければならない環境を提供してくれるという点でも英会話教室は有効です。

さらに、自分の覚えた発音や言い回し、あるいは単語の使い方といった、なかなかセルフチェックが難しい部分を、英会話教室のネイティブが補ってくれます。

以上のことから、英会話教室だけでは十分ではありませんが、独学で不足してしまう部分を補う目的があれば、英会話教室の活用は非常に有効です。





posted by shige at 22:47| 英語の学習を継続させるコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。