2010年10月27日

ちょっと柔らかい英語の学び方

◇映画やドラマは役に立つ?◇

英語を勉強してきたつもりで、ふと試しに英語の映画やドラマを見ると──全く聞き取れない!──そんな経験はありませんか?

英会話教室でも、教室を出ると外国人先生同士が会話をしている。さて、何を話しているのだろうと耳をそばだてても──聞き取れない!──ということもあるのでは?

もっとがっかりするのは、CNNなどのニュース英語まで聞き取れるようになって、映画を見ると、簡単なはずの会話が理解できない。

これらは、日常会話で使われている気軽な英語を知らないために起きる現象です。

とにかくネイティブは、かなり省エネの英語を話します。単語は繋げるし、文法は端折る。

有名な例では「want to」が「wanna」に、「going to」が「ganna」に。

また音も繋がります。「does it」は「zit」に聞こえます。

これらの音を経験するには、映画やドラマで、より日常的な英語に慣れることが必要です。


◇どうやって映画やドラマを利用するか◇

映画やドラマを英語の学習に利用するには、コツがあります。それは、すでにストーリーや会話の内容を知っているものを選ぶことです。

全く初めての映画やドラマを見るよりも、すでにストーリーや会話の内容を知っている映画やドラマを見る方が、より英語の変化に気付くはずです。

それに、初めての映画やドラマでは、ストーリーを追いかけたり、映像に集中してしまうため、肝心の英語を聞き取ることに集中できません。

それから、最初は英語の字幕を出しておくと、文字と音のギャップに気付き、だんだん法則がわかってきます。

つまり、好きで何度もみた映画やドラマこそが、英語の学習に最適といえるのです。





posted by shige at 22:48| 英語の学習を継続させるコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。