2010年10月27日

資格としての英語

◇資格を目標とする◇

英語を、資格として学ぶ必要性を感じている方も多いと思います。

実際、日本国内の企業でさえ、グローバル化を目指すと言うことで、入社、昇級、昇進の条件に英語の資格取得を求めることが多くなってきています。

英語の資格には有名なところでTOEICがあり、かつての英検をしのぐ人気になってきています。

ところで英語の資格を入社や昇級の条件としていない企業でも、油断ができない時代になってきています。

突然の海外出張や赴任、あるいは海外の得意先の接待、海外からの問い合わせの電話など、いつ英語が必要になるかわかりません。

もっとも劇的なのは、外資系企業の参加に組み込まれることにより、突然会議などを英語で行わなくてはならなくなった、ということも起き始めていることです。

ですから、条件とはされていなくても、英語の学習をしておく必然性はないとは言えず、学習するにあたっては、資格取得を一つの目標とすることで励みになるということも言えるでしょう。


◇どのような資格があるか◇

英語の資格には、主な物でも以下の様な種類があります。英語学習の目的に応じて資格を選ぶ必要があります。

■実用英語技能検定
「実用」とありますが、実際には学校英語に近いと言われており、近年ではTOEICに押され気味です。

■TOEIC
「Test of English for International Communication」の略で、近年最も人気のある英語の資格です。企業の入社や昇級の条件に採用されることが最も多い資格でもあります。

■TOEFL
「The Test of English as a Foreign Language」の略で、留学を目指している学生向けの英語の資格として有名です。

■国連英検
財団法人日本国際連合協会が主催する英語の資格で、「国連の理念である「国際協力」「国際理解」をコンセプトに「真に役立つグローバル・コミュニケーション能力」の育成を目標としています」を理念とした、国際人の資質を問う資格です。

■CASEC
旺文社グループ主催の英語の資格で、「Computerized Assessment System for English Communication」の略称です。読み方は「キャセック」です。インターネット上で受験できる資格です。

■日商ビジネス英語検定
ビジネス英語を対象とした資格で、商工会議所が主催しています。

■通訳案内士
国家資格で、外国人に外国語で観光案内をするために必要な資格です。





posted by shige at 22:49| 英語を生かせる資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。