2010年10月27日

社会に出てからの英会話

◇英会話を学ぶ動機◇

学生時代にはあれほど嫌いだった英語を学ぶということが、社会に出てからはせっかくの学びの機会を無駄にしてしまった、という後悔に変わります。

それは、社会に出たからこそ、英語に限らずあらゆる教養やスキルといったものの必要性を実感できるからですね。

しかし、そう悲観ばかりする必要はありません。何しろ、必要性を感じたときこそが、モチベーションが高いときだからです。

ところで社会にでてから、英語とはどのような意味を持つのでしょうか。

それには大きく二つの目的を持っているのではないかと思われます。

まずは教養としての英語で、これは海外旅行をより楽しむための会話力であったり、町中で困っている外国人を助けてあげ羅得るといった利用方法が前提でしょう。

この目的は、それほど切羽詰まったものではありませんので、英語を楽しめる程度のペースで勉強すれば良いでしょう。

さて、もう一つの目的ですが、こちらは仕事で使える英語であったり、もっとストイックなものとして、出世や昇級のための資格としての英語であったりします。

こちらの英語にたいする要求は、やや切羽詰まったものがあり、できれば短期間で効率よく身につけたいと考えることでしょう。

場合によっては、半年後には海外に出張、あるいは赴任などといった事態に遭遇する可能性もあります。

こちらで求められているのは、所謂ビジネス英語です。勉強の目標としては、TOEICなどの試験で高得点を取ることなどがあります。


◇英語をビジネスで使うと言うこと◇

ビジネスのための英語というと、なにやら日常会話よりも難しいといった印象があります。

しかし、実際は逆で、日常会話こそが難しく、ビジネス英語はよりシンプルであると言えます。

それは使われるシチュエーションが異なるためです。

ビジネス英語は、決してネイティブの英語ではありません。世界共通語としての英語ですから、「English user」と呼ばれる人たちのためのものです。ですから、可能な限りシンプルな英語が好まれます。

また、日常英会話が、あらゆるシチュエーションを想定しなければならないのに対し、ビジネス英語は、あくまでビジネスシーンのみを想定して学べばよいということもあります。

英語を使う業界が特定されている場合は、さらに狭い範囲の英語力で間に合わせることもできるのです。





posted by shige at 22:53| 何のための英会話か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。