2010年10月27日

無駄にならない英文法

◇外国語の習得には文法は有効◇

英米人は文法など学ばなくても英語を話せるようになったのだから、英会話の習得に文法など無視してかまわないと言われます。

本当でしょうか。

確かに私たち日本人も、日本語を使えるようになるために文法を学ぶ必要はありませんでした。

しかし、英米人にとっての英語や、私たちにとっての日本語は、生まれたときから成長とともに四六時中接してきた母国語です。

私たちが日本語を習得したときと同じような長い時間や環境を、英会話のために用意することは不可能です。すでに大人になっているからです。

そこで文法が、外国語を習得するための大きな助けになります。

言語はパターンとして理解しながら覚えていきます。このパターンを自然に身につけて行くには膨大な時間と、外国語を浴び続ける環境が必要です。

しかし、現実的には不可能なこれらの時間と環境を、文法の知識が補ってくれます。

ただし、会話に必要な文法は、ごく基本的なことで十分です。高度な文法をはじめから学ぶ必要はありません。もちろん学んで損はありませんが、その時間をトレーニングに費やす方が有効でしょう。

ですから、私たちはごく初歩的な文法を学べば十分です。例として、中学校で学ぶ英文法レベルをおさらいしておくことをお薦めします。

大人にり、英会話を学び始めて中学校レベルの英文法をおさらいすると、改めて文法が英語理解の助けになることを実感できるはずです。





【関連する記事】
posted by shige at 23:12| 英語力を支える基礎学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。