2010年10月27日

英語を繰り返す練習

◇シャドーイングの方法◇

シャドーイングは、その名の通り、流れている英語を、影のように追いかけてまねるトレーニング方法です。

まねる場合は、必ず少しだけ遅れて発声します。この遅れて発声することで、英語を一時的に記憶しながら、同時に次の英語を聞き取るという能力が開発されます。

ですから、このトレーニング方法は同時通訳者にとっては必須のトレーニングとされています。彼らは、通訳しながらも次の英語を聞き取っていなければならないためです。

シャドーイングでは、音声教材から流れる英語に対して、0.5秒もしくは1ワードほど遅れて、できるだけそっくりな発音、イントネーション、リズムでまねていきます。

このトレーニングの難しさは、自分が声を出している最中も、次の英語を聞き取り、覚えていなければならないと言うことです。

実際にやってみると、1語聞き逃したとたんに、自分のペースが崩れ手島います。そのため、非常に高い集中力を必要とします。


◇目指すべき能力◇

シャドーイングを続けることでどのような効果があるのでしょうか。

これは実際にやってみると、わりとすぐに実感できることですが、英語のリズムを体で覚えることができます。

次に、まねることで発音やイントネーションがネイティブに近づいていきます。

さらに、ネイティブの速度を追いかけていきますので、だんだん英語を話す速度が自然になっていきます。つまり口が英語になれていきます。

そして、ネイティブが英語を話す時、どのタイミングで区切るのか、ということも理屈ではなく体で覚えるようになります。


◇シャドーイングの始め方◇

基本的には、シャドーイングは音声教材さえあればトレーニングできるのですが、いきなり英語を耳で聞くだけで追いかけるのは、かなり困難です。

そこで最初のころは、テキスト教材も援用してシャドーイングを行うようにしましょう。このとき、テキスト教材を使うことでつい、棒読みになってしまうことがあります。

たとえテキスト見ながらでも、できるだけ音声の発音やイントネーション、リズムをまねるように強く意識しながらトレーニングしましょう。

慣れてきたら、テキスト教材を見ずに、音声だけを頼りにトレーニングするようにしてください。





posted by shige at 23:14| 英語は学ぶより慣れろ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。