2010年10月27日

英語を書き取る練習

◇英語のディクテーション◇

ディクテーションとは、聞き取った英語を書き取っていくトレーニング方法です。

このディクテーションで重視されているのは、英語の意味を捉えることよりも、発音を正確に聞き取ることです。

具体的なトレーニング方法は、紙と筆記用具を用意し、英語の音声教材を流します。センテンスの区切りで音声をストップし、今聞いた英語を紙に書き取ります。書き取り終えたら、続きの音声を流し、またセンテンスの切りの良いところで音声を止め、聞き取った英語を書き取ります。これを繰り返します。

このとき、書き取れなかったところはそのままにして続けます。

一通り書き取り終えたら、今度は聞き取れなかったところをもう一度聞いて書き取ります。

これを一通り終えたら、テキストと書き取った英語を比較して、聞き取れなかった箇所をチェックします。

このチェックによって、自分が苦手としている発音や単語などが明確になりますので、それを克服するように意識しながらもう一度音声教材を聞き取ります。

この一連のトレーニングを繰り返すことで、より正確に英語を聞き取れるようにしていきます。


◇ディクテーションで目指すところ◇

ディクテーションを繰り返すと、前述したように自分が聞き取れていない発音がわかる様になります。たとえば特定の子音は聞き逃し易いとか、特定の助動詞は聞き逃してしまいがちであるといったことがわかる様になります。

この苦手な音がわかってから英語を聞くと、その苦手なところに意識が集中し、繰り返す内に、より正確な聞き取り能力が身についていきます。


◇キーボードでの練習でも良い◇

ディクテーションは本来、聞き取った英語を紙に書き取るトレーニング法法でしたが、現在ではパソコンが普及しており、またパソコンで音声を流したり、テキストを確認することもできますので、キーボードで入力して練習しても良いでしょう。

むしろ紙に書くよりも、手が疲れにくいことや、より素早く入力できるというメリットもあります。


◇継続が難しいトレーニング方法◇

このように、英語を正確に聞き取る能力を高める効果があるディクテーションですが、あまり普及はしていません。

それは、このトレーニングが、続けるのが難しいものだからです。

音声教材、筆記用具(もしくはパソコン)と、トレーニングに道具が必要なため、いつでもどこでもできるトレーニングではありません。

また、音声を聞いては書き取るというトレーニングは非常に忍耐と根気が必要ですのでなかなか続けることが難しく、場合によっては英会話に対して苦手意識や学習の挫折のきっかけを作ってしまう可能性があります。

ですので、このトレーニングを試す場合は、かなり強い意志が必要です。

また、継続のコツとしては、正解することで楽しくなり、トレーニングに弾みがつくような、優しい教材から始めることをお薦めします。





posted by shige at 23:14| 英語は学ぶより慣れろ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。