2010年10月27日

英語を口にする練習

◇支持者の多い英語の音読◇

英語のトレーニング法法として支持者の多い音読ですが、特に古代文明の発掘者として有名な音読学習は、ことあるごとに成功例として引き合いに出されます。

彼は複数の言語を習得していたと言われていますが、その習得方法はもっぱら音読でした。

それではこの音読について、もう少し詳しく見ていきましょう。


◇音読のメリット◇

音読は、文字通り英語のテキストを声に出して読むトレーニングです。しかし、実際に行う際は、間違った発音やリズムを覚えてしまわないように、必ず音声教材を聞きながらまねるようにして読んでいきましょう。

発音やリズム、イントネーションがまねできるようになったテキストは、音読だけを繰り返しても効果的になります。

それでは音読で得られる効果とはどのような物でしょうか。

一つは、ひたすらリスニングをするよりも、文字としての英語を目でも確認しながら読んでいきますので、聞いている英語への理解が早まります。やがて文字と発音が一致してくると、道の英単語でも、大凡の発音がわかる様になってきます。

もう一つは、英語を音読すると、返り読みの習慣から解放されるというメリットがあります。黙読ですと、無意識に返り読みして翻訳してしまいますが、ネイティブの速度で音読すると、返り読みしている余裕はありません。また同時に、英語の順序で英語を理解する習慣がついてきます。この習慣は、リスニングでも、スピーキングでも役に立つようになります。

そしてもう一つは、音声教材を併用することで、ネイティブがどこで文章を区切っているか、つまり、どの塊で英語を使っているか、という感覚が身につきます。

この感覚が身につくと、英語を読みやすくなり、リスニングやスピーキングの上達にも良い影響を与えます。





posted by shige at 23:15| 英語は学ぶより慣れろ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。