2010年10月27日

英語に慣れるには

◇英会話は学習より練習◇

英語、特に実用英会話を身につけるには、学習も大切ですが、それ以上に重要なことは練習です。

言葉を覚えて、自由に使いこなすには、いちいち頭で考えていては間に合いません。自然と思ったことが言葉となって口から飛び出す、あるいは耳にした英語を日本語に訳さなくても瞬時で理解できる、といったことを可能にするのは、何よりもトレーニングです。

これは、英会話の習得がスポーツの習得にたとえられる通りです。頭以上に体で覚えてしまうことが英会話のコツと言えるでしょう。

とにかく耳で聞いて、口に出してみる。これが大切です。

そうして身につけた英語は、実践的な会話のツールとして役立つようになります。

そこで実際にトレーニングとして有効な方法を見ておきましょう。

まずは音読です。

音読は英語の達人と呼ばれる人たちからも高い支持を得ているトレーニング方法です。

しかも、この音読を繰り返していると、同時にリスニングにも役立つようになり、リスニングはまた音読に役立つようになりますので、相乗効果が期待できます。

次にディクテーションです。

ちょっと聞き慣れないかもしれませんが、このディクテーションも英会話力を高めるためにはかなり効果が期待できるとされているトレーニング方法です。

具体的には、聞き取った英語を書き取る練習を示します。

実はかなり難しいトレーニングなのですが、その効果は非常に有効であると言われています。

そしてやはり難易度が高いトレーニング方法にシャドーイングがあります。

その名の通り、流れている英語を陰のように追いかけて発声していくというトレーニングです。

このトレーニングは、同時通訳者が行う有名なもので、先行している英語を聞き取りながら記憶し、やや遅れて自分でまねて発声していくので、英語の聞き取り能力と発声能力が非常に高まると言われています。

ただし、初めのうちは、なかなかついていけず、難しいトレーニングであると言えます。

この後、それぞれのトレーニングについて、もう少し詳しく見ていきます。





posted by shige at 23:16| 英語は学ぶより慣れろ? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。