2010年10月27日

英会話を聞き流す方法

◇英語を大量に浴びる方法◇

日本語で考える余裕を持てないほどに大量の英語を聞き続けるタイプの学習法があります。

この方法では、とにかく日本語の力を借りず、英語を英語のまま翻訳せずに聞き取れるまで聞き続けます。

つまり、大量の英語の音に浸かることで、耳と脳が英語の音を聞き取れるようすることが目標です。

ただし、意味のわからない英語をいくら大量に聞いても、いつまでたっても意味はわかるようにはなりません。そのため、この種類の教材にはテキストが付属します。

つまり、一度はテキストを読んで、意味を理解し、その上で大量の英語を聞く必要があります。

その意味では、純粋に聞き流すだけの学習法とは言えませんが、この方法を支持する人たちは多いようです。

株式会社アルクのヒアリングマラソンや株式会社アカデミー出版のイングリッシュアドベンチャーが代表的な教材です。


◇同時通訳のように文節で理解させる方法◇

私たちは学校の英語教育や受験対策として、英語を返り読みしてしまう習慣がついています。

要するに、英文を強引に日本語化して理解するという方法ですね。

たとえば、以下の文章があります。

Obama administration began outlining additional measures to jumpstart the economy and create jobs.

この文章を理解するとき、返り読みでは以下の順に並び替えています。

Obama administration (オバマ政権は)
to jumpstart the economy and create jobs (経済活性化と雇用の創出のために)
additional measures (追加対策の)
began outlining (アウトラインを作成し始めた)

日本語として理解するために、いったん英語の順序を並び替えねばなりませんので、読む速度も遅くなりますし、音で聞いていたら、とても追いつけません。

そこで、この文章を、頭から英語の順序で理解するように、多少強引に訳してみましょう。

Obama adinistration (オバマ政権は)
began outlining (アウトラインを作成し始めました)
additional measures (追加対策の)
to jumpstart the economy (経済活性化のために)
and create jobs. (そして雇用創出のために。)

いかがでしょうか。日本語としては正しい順序ではありませんが、理解できてしまいますね。

この方法で英語を理解することから初めて、やがて英語を英語のまま理解できるようにしていこうという方法があります。

具体的には、まず、英語の間に同時通訳方式で日本語が挟まれた英語が流れます。次に、日本語を挿入した部分の間を空けただけの英文が流れます。そして英文だけが流れる、という聞くだけの学習法があります。

この方法であれば、音声教材以外の教材を持ち歩かなくても、聞くだけで英語の意味を理解しながら学習できます。

この方式では、国際教育システム株式会社のスーパーエルマーが代表的な教材です。


◇英語を聞いた後に日本語で理解する方法◇

聞くだけの英語学習法で最も人気があるタイプかもしれません。

まず、英語が1センテンス流れます。その後、日本語が流れますので、ここで意味がわかります。

この方法ですと、繰り返す内に英語の意味はすでにわかってしまいますので、最初に流れた英語だけのときに、だんだん日本語化しなくとも英語のまま理解して聞き取れるようになります。

日本語が不要になった段階で、英語だけの教材に切り替えることができますので、最終的には英語だけを聞いている状態になります。

この方法であれば、辞書やテキストなど、音声教材以外は必要有りません。

株式会社エスプリラインのスピードラーニングが代表的な教材です。





posted by shige at 23:17| 英会話を聞き流す学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。